0584-91-3406

〒503-0023 岐阜県大垣市笠木町650

岐阜県大垣市の内科、消化器内科、循環器内科、小児科です。訪問診療に対応しています。

沼口訪問看護ステーション

アミターバプロジェクト

訪問看護のサービス内容

  • 利用者の病気や症状、日常生活動作のレベル、介護できるご家族がいるか、などにより、必要となるケア内容が個別に異なりますので、ご利用前に医師や訪問看護師、介護支援専門員(ケアマネージャー)などの専門家にご相談ください。

療養環境の確認と助言

  • 介護保険サービスなどの手配状況の確認と助言
  • 居室やベッド周りなどの安全確保、採光、換気、空調などの確認と助言
  • 杖、車イス、介護ベッドなどの福祉用品の手配状況の確認と助言
  • ガーゼやオムツなど医療用品の手配

健康状態の観察と療養生活の助言

  • 血圧・体温・呼吸・脈拍のチェック
  • 利用者の状態の観察
  • 食事・運動・休養などへの助言

医師の指示に基づく病気の治療のための看護

  • お薬の服薬方法の指導、服薬確認
  • 血糖測定
  • 浣腸
  • 摘便
  • たんの吸引
    (口鼻腔、気管切開)
  • 薬剤やスチームの吸入
  • ガーゼ交換
  • カテーテル管理
  • 点滴
  • 注射
    (静脈、筋肉、皮下)
  • 採血
  • 床ずれ処置
    (体圧分散・除圧・減圧、皮膚面の保湿・清潔ケアなど)
  • 人工肛門・パウチ交換
  • 経管栄養(胃ろう・経鼻)
  • 腸ろう・腎ろう・膀胱ろう管理
  • 気管カニューレ管理
  • 永久気管孔管理
  • 導尿
  • 人工呼吸器管理
  • IVH管理(中心静脈栄養)
  • 在宅酸素療法

療養生活のお世話

  • 食事のお手伝い
  • 口腔内の清潔ケア
  • 洗面・洗髪
  • シャワー・入浴・手浴・足浴などのお手伝い
  • 身だしなみを整えるお手伝い(髭剃り、整髪、お着替えなど)
  • 排泄のお手伝い(トイレ移動介助、オムツ交換)
  • 体位変換(体の向きを変える)
  • 車いすやベッドへの乗り移りのお手伝い

精神・心理的な看護

  • リラックスのため手足や頭などをマッサージ
  • ゆっくりと時間をとって会話のお相手
  • テレビや音楽鑑賞、読書のお手伝い
  • 気分転換のためのお散歩や旅行などへの付き添い
  • 筋・神経疾患の方との文字盤を使った会話
  • 不眠時や精神的に不安定な際の声かけや見守り
  • 治療やリハビリテーションへの意欲喚起

在宅でのリハビリテーション

  • リハビリテーションに臨むための体調管理
  • 寝たきり予防のためのケア
  • 日常生活動作の訓練
  • 転倒・転落、オーバーペースなどの危険防止

介護するご家族の相談や技術指導

  • ご家族のお悩み相談
  • 看護・介護の知識や技術の指導
  • 認知症の正しい知識と接し方の指導
  • 医師の診察結果をわかりやすく説明

様々な介護サービスの使い方や連携方法の相談

  • 介護保険、医療保険の説明
  • 医療機関や自治体などの相談窓口の紹介

終末期ケア・お看取り

  • 痛みの緩和(鎮痛剤の投与やマッサージなど)
  • 精神的なケア
  • お看取り(ご臨終前後のケア)

訪問看護を受けるには

お申し込み方法は、次のようになります。

ご利用頂ける方

病気やけがなどにより、ご家庭内で寝たきりの状態にある方、またはそれに近い状態である方。
また、主治医の指示やケアプランで看護が必要とされた方。

訪問看護を受けるには

訪問看護は介護保険・医療保険のどちらも受けることが可能です。
なお、訪問看護の開始には主治医の先生から交付される「訪問看護指示書」が必ず必要となります。

訪問看護を受けるまでの流れ

要支援状態または要介護状態の目安

状態区分 心身の状態の例
自立(非該当) 歩行や起き上がりなどの日常生活上の基本的動作を自分で行うことが可能であり、かつ、薬の内服、電話の利用などの手段的日常生活動作を行う能力もある状態
要支援状態 日常生活上の基本的動作については、ほぼ自分で行うことが可能であるが、日常生活動作の介助や現在の状態の防止により要介護状態となることの予防に資するよう手段的日常生活動作について何らかの支援を要する状態
要介護状態 日常生活上の基本的動作についても、自分で行うことが困難であり、何らかの介護を要する状態
要介護1 要支援状態から、手段的日常生活動作を行う能力がさらに低下し、部分的な介護が必要となる状態
要介護2 要介護1の状態に加え、日常生活動作についても部分的な介護が必要となる状態
要介護3 要介護2の状態と比較して、日常生活動作および手段的日常生活動作の両方の視点からも著しく低下し、ほぼ全面的な介護が必要となる状態
要介護4 要介護3の状態に加え、さらに動作能力が低下し、介護なしには日常生活を営むことが困難となる状態
要介護5 要介護4の状態よりさらに動作能力が低下しており、介護なしには日常生活を営むことがほぼ不可能な状態

要介護の認定(介護保険の申請手続き)

1. 要介護認定の申請
市区町村の介護保険窓口や地域包括支援センターに、所定の書類を記入の上、提出します。要介護認定の申請は、居宅介護支援事業所のケアマネジャーや医療機関のソーシャルワーカーなどに代行してもらうことができます。
2. 認定調査
申請書類の提出後、認定調査員がご自宅を訪問し本人や家族から聞き取りを行います。その後、主治医から主治医意見書が提出されます。この意見書は要介護認定で必要になります。
3. 審査・判定・認定
聞き取りによる認定調査や主治医意見書に基づき、コンピューター判定や介護認定審査会での審査・判定によって要介護度を決定します。
4. 要介護度認定結果の通知
要介護度が決定された後、要介護度認定の通知書が郵送で届きます。
5. ケアプランの作成、介護事業者の選定・契約
要介護度にもとづき、一般的にはケアマネジャーに相談して、要介護度に応じた支給限度額の範囲で介護サービスの利用計画(ケアプラン)を作成します。また、介護事業者を決める際は、ケアマネジャー等が紹介する複数の事業者の中からご自分に合った事業者を選び、事業者と個別に利用契約を締結します。
ページのトップへ